FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のステージへ...というのか!?の巻

バーナムピアノテクニック(1)バーナムピアノテクニック(1)
(2007/10/12)
エドナ メイ バーナム

商品詳細を見る

娘の音楽教室のグループレッスン。
ラスト1回をまもなく迎えます。
幼児科→ジュニア科と4年間通いました。

で、次のコースに進むのか否かの選択を3ヶ月ほど前に迫られたわけですが、
今回は、迷うことなく

       辞めます

でありました。

本人がどうしたいかが最優先だってのは勿論なんですけど、
こうなって欲しいという親のエゴも含め
ちゃんと話し合える年齢はいつになるのやら?と思っていましたが、
今回は、お互いに合意できたかと。

グループレッスンの良い面も十分あるのですが、
娘にとってのグループレッスンは、
あまりよい影響を及ぼさなかったようです。

振り返ってみれば、、、、
幼児科
本人が充分に理解できていない、弾けていない、歌えていない状態であっても
メンバーのほとんどができていれば「合格」→次に進む
という流れであったことが、
『ほどほどにできていればいいのね』
という悪しき習慣を本人の中に蓄積させた。
      ↓
ジュニア科
パート別に個人担当で弾かなければならなくなった途端、
今までどおりにはいかない現実に混乱を招いた。
よって、自分で選択するときも講師から与えられるときも
できるだけ目立たないパート、簡単なパートになった。
      ↓
メロディーラインのないパートの練習は単調なため、練習が苦痛になった。

そんなところで。

娘曰く「ピアノが嫌いになったわけじゃないし、ジュニア科は楽しかったし
    もっと上手に弾けるようになりたいし、でもグループでやるというのとは違う」
ほぉ~ちゃんと自分の意見があるのねぇ..と関心した次第。

早速個人レッスンへ 

渡された楽譜がコチラ↑どうでもいいけど、楽譜のイラストかわいぃ
くぅ~ えらく戻りますわぁ~
基本が重要...わかってるんですけど、いやはや、、やはり幼児科で辞めておくべきだったか

スポンサーサイト
LA.VANNA でランチ | Home | 秋の夜長に・・・の巻

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。