FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタさんへ  2011年版

Bruder(ブルーダー) ROADMAX Tip upトラックBruder(ブルーダー) ROADMAX Tip upトラック
()
bruder

商品詳細を見る

小2の娘の会話は、
リアルとファンタジーバーチャルが混在している。
よって、
蓮「それって本当の話?誰かに聞いた話?ニュースで言ってた話?」
蓮「それは、本に書いてあった話?作った話?」
なんていう確認が必要。
小2ってそんなんか???

そのうちの1つに

    サンタクロースは存在している

ってのがある。
2年生だし、友達からの情報もありそうなものだが、
今年も昨年同様のサンタクロース存在説を唱えている。

どうも彼女は、
・外人で年をとったあごひげをはやした男のヒト
・空を飛ぶことのできる
・子供が居る住所を把握している
・外国に住んでいる
・トナカイもしくは、交通手段をもっている
「サンタクロース」というヒトが本当に存在していると思っているようなのだ。

なので、
クリスマス間近になると欲しいものを書き出したお手紙を私に託し、
「サンタさんの住所は大人しか知らないから出しておいて」
と言う。
ちなみに子供からお願いすれば大人へのプレゼントもありという制度らしく、
「ママの欲しいものも私から言えば大丈夫だから、今年は何にする?」
なんてことを言ったりする。
こうなると結局、自分の欲しいものを自分で前もって買っておくという
おかしなことになるので、大抵、「時間」とか「健康」とかで濁しているのだが。
でもって、サンタに不況は無いらしい。

サンタは、宅配業者のように玄関からやってくると思っており、
24日、彼女は寝る前に玄関にクッキーと温かいミルクを用意し、トイレチェックしてから就寝。
主人と私は、娘がぐっすり寝ていることを確認した後、
「プレゼントが届いた」
と、たたき起こし、プレゼントを開けさせるということをやっているのだが、
眠いくせして、
サンタは、クッキーを食べたかだのミルクは冷えていなかったか?だの
トイレを勧めたか?の確認をする。

さて、今年ももれなくお手紙を書き、弟の分のお手紙も書き、商品変更のお手紙も書き、
#すでに用意していたので、商品変更は受け付けられないため、
 あぁ~手紙出すの忘れてたぁ~なんていう小芝居をやったり、、、
クッキー、ミルクは買ってあるか?と確認が入り、
そうそう、玄関の飾りが秋仕様なのを気にしてたっけな。。。

さてと、そろそろ起こしにかかりますか 

お砂場大好きな息子には、コチラ↑を
そして娘の要望は、コレ↓
太鼓の達人Wii みんなでパーティ☆3代目! (同梱版)太鼓の達人Wii みんなでパーティ☆3代目! (同梱版)
(2010/12/02)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

スポンサーサイト
新たなお散歩コース | Home | DJECO(ジェコ) 10ファニー・ブロックス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。